スレート屋根の雨漏りの修理

どのような建物でも必ず必要なのが屋根で、建物内の人やモノ、また建物そのものを外部の影響から保護する役目があります。



そうした役目を果たす屋根自体は風雨や直射日光に日々晒されることになるので、年を経るごとにある程度の劣化や不具合が生じるのは必然のことと言えます。
屋根の不具合で多いのは雨漏りですが、放置しておくと家の構造に大きな被害を及ぼすので、早めの雨漏りの修理が必要です。雨漏りの修理は屋根の素材により、修理方法が異なります。

日本の住宅で多く用いられている屋根材に、スレート屋根があります。

スレートとはもともとは粘板岩を薄く切り出したもので、青みがかった黒色の薄い板のことです。


天然のものは限られているので、ほとんどが人工的に作られたものが使用されています。

MBSニュース情報が絶対見つかります。

スレート屋根の雨漏りの修理は、雨漏りの程度にもよりますが、全面を葺き替える方法とガルバリウム鋼板などを上から被せるカバー工法があります。



全面葺き替えに比べカバー工法の方が修理費用は低めに設定されていますが、それでも100万円から200万円ぐらいの費用が必要です。
雨漏りの原因が屋根の頂点を押さえる板金に原因がある場合は、板金の交換だけで済むこともあり、1メートルあたり7000円前後で修理が可能です。
どのような雨漏りの修理を行うにしても、原因を見極め適切な処置が必要です。


それで業者を選ぶときには、屋根についての知識や施工実績の豊富さなどをチェックすることが大切です。