雨漏りの修理がDIYだと難しい理由

マイホームの良いところは、所有者の意向を気にせずに自由にアレンジできることですが、何か不具合が発生したときには自力で修理が必要です。住宅トラブルでよく上位に挙げられるものに、雨漏りがあります。

雨漏りの修理は発生した場所や原因によっても工事の規模や費用が変わりますが、軽微なものでも10万円前後になり、屋根全体の葺き替えになると100万円から300万円が相場です。

高額になりがちな雨漏りの修理は、手先が器用な人だと自分でやりたいと思うこともあります。

一般の人がDIYで行える修理は、瓦やスレートのヒビの補修やコーキングの補修など簡単なものに限定されます。材料費だけで済むので、かなり安く修理することができます。

その場合は雨漏りの原因箇所を見極めたら、補修する場所の周りを丁寧に洗浄し、破損が他の部分に影響を与えていないかよく確認します。



交換が必要なものは交換し、その上でパテやコーキング剤で丁寧に補修します。



このようにDIYで雨漏りの修理をすることは不可能ではありませんが、実際には難しい点もあります。

まず雨漏りの原因を突き止めるには、屋根や外壁の構造に関する知識が求められるということです。


素人判断で修理を行っても根本的な解決になっていないなら、すぐに雨漏りは再発します。

またほとんどの場合、雨漏りの修理は高所で行われるものですから、そうした作業に慣れていない人にはとても危険です。

産経ニュースの情報がわかりやすく紹介されています。

こうしたリスクを考えると、雨漏り修理は専門業者に任せる方が安心と言えます。